« 仙台臨海鉄道 中央埠頭線 | トップページ | 山形県が奥羽本線と羽越本線で、フル規格の新幹線を要望している。将来誰が負担するの? »

2016年8月17日 (水)

Bトレ

 キハ58系気動車。地方では、「汽車」(きしゃ)って呼ばれてました。
Btrain_0817_01

 「バン■イ」社のBトレインショーティの中古を東京の現場にいた時に購入していたものです。

 仙台の現場が忙しかったので、ずうっと車両ケースに入れっ放しでしたが、
最近ちょっと出してみました。

 中間の2両は、本当は気動車ではなく485系電車なのですが、
ぼかしてしまうと全く違和感を感じません。
 知っている人にとっては観たら直ぐに判ってしまうんですけど、
鉄道に詳しくない人にとっては違和感なし。
 ということで、勝手に連結していしまいました。coldsweats01

Btrain_0817_02
 その485系の車体更新改造車、これもまた、中古。 新潟色です。
 JR東の新潟~「えちごときメキ鉄道」に管轄が移管された糸魚川駅までを
1日1往復の快速でまだ運用されています。
 6両編成が2本残っています。
 ちなみに、3月まで、青森~函館間で「白鳥」として485系3000番台車が青森色で走ってましたが、
どうやら秋田に回送されてしまったようです。
 鉄っちゃんの間で「秋田に回送」というと、「廃車」の文字が頭を過ります。

 ちなみに、パンタ付き車両は秋葉原に本店がある中古車両も販売する鉄道模型専門店にて
購入した中古車両で、
パンタ無し車両は新潟に本社があるホビー系の中古販売店の仙台駅前店で
箱だけ開封未組立の新古品を私の手で自ら組み立てたものです。


Btrain_0817_03
 683系北越急行色です。 今はもう、「はくたか」の運用が新幹線へ移管さ
れてしまい、JR西に車両丸ごと売却されて赤色の帯は青に塗り直されてしま
いました。
実写でも見ることが出来なくなってしまいました。

 中古市場でのなかなか出回ることが無かったのに、ドバっと全編成が中古で
出ていたので、迷わず買ってしまいました。

 半「新潟県人」としては涙ものです。

 付属の流線型の先頭車2両と中間車も別途、中古で購入しているので、本編
成9両を再現することが出来ます。

 ちなみに、新潟の自宅での車両の管理は、徳次郎2世に委託しております。
Hakutaka683_101 糸魚川駅にて。
 681系スノーラビット。

Hakutaka683_102 在来線「はくたか」の終末期の
 約1か月間見られた「しらさぎ」色と「はくたか」色との混結。

 北陸新幹線開業後の車両運用見直し前の移行期間中の出来事でした。
 「しらさぎ」編成は、一部、289系へと交直両用の交流機器を取っ払い、
直流化改造され紀勢本線の「くろしお」へ転用されています。

 JR西は、「使える車両は使えるまで使う」をモットーにしているので、
改造と転用は大の得意技です。happy02

ちなみに、JR東も車両体系は変わらないけど、転属が大好きです。
Senseki_01 仙石線の205系です。

 山手線を走っていましたが、10両編成を4両編成へ短くして運転台を取り付ける改造をして
仙石線をバンバン走ってます。

 JR東のこの編成は、4両とも車体の色がすべて違う色になっている編成で、
「塗り間違えてしまう」のが得意な会社です。

 「あ。塗り間違えて4両とも違う色になっちゃった。 まっ、いいっか。delicious


« 仙台臨海鉄道 中央埠頭線 | トップページ | 山形県が奥羽本線と羽越本線で、フル規格の新幹線を要望している。将来誰が負担するの? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547663/64074087

この記事へのトラックバック一覧です: Bトレ:

« 仙台臨海鉄道 中央埠頭線 | トップページ | 山形県が奥羽本線と羽越本線で、フル規格の新幹線を要望している。将来誰が負担するの? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30