« ラッキーセブン777 | トップページ | 博多駅の麺通り »

2012年3月19日 (月)

関門海峡の廃線 その1

現在は、港湾施設のSOLAS条約対応のために

廃止されてしまった、「田野浦公共臨港鉄道」の線路跡。

H12年の時、SOLAS条約批准後のフェンス設置前の

現況視察で出張したときは、まだ、バリバリ貨物列車が走っていました。

あの時写真を撮っておけば良かったなぁ。weep

Moji_rin_01 線路が途切れてる。

遮断機無しの踏切があった場所だけ残っています。

Moji_rin_02 少し門司港側へ戻って。

草に埋もれているこのあたりは、3線あったはず。

Moji_rin_03

SOLASのフェンスで線路が途切れてます。

Moji_rin_04線路跡がくっきり。

曲がったアスファルト舗装の箇所は  石灰石を積み込む側線の跡。

こちらも田野浦埠頭側がフェンスで途切れてます。

Moji_rin_05

切換えから右側へ続く線路は、上の写真のアスファルト部分へ

道路を横断して続いていました。

Moji_rin_06 

さらに門司港側へ戻ってみると、踏み切り施設が

黒シートで覆われて保存(?)されています。

現在、観光鉄道(経営母体は「平成筑豊鉄道」です)で

一部区間が旅客営業線で復活していますが、ひょっとして延伸するのかな。

普通は、配置されると撤去されちゃうのですが線路も撤去されていません。

因みに、左側に移っている車は現在の現場で乗車している現場車です。

Moji_rin_07d もう少し門司港側へ戻って。

踏切があった場所から田野浦港側を望む。

この踏切の反対側は、貨物列車が通過すると自動的に閉まるゲートが

あった場所ですが、

Moji_rin_08

レールを残したままアスファルト舗装する場合は、休止扱いの場合が多いです。

新潟の東新潟港線(山ノ下の貨物線)や新潟東港に残る旧新潟臨港鉄道の

新潟東港線のR113号線の踏切もそうです。

さて、続きは、眠いので次回続きをアップします。

« ラッキーセブン777 | トップページ | 博多駅の麺通り »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547663/54255506

この記事へのトラックバック一覧です: 関門海峡の廃線 その1:

« ラッキーセブン777 | トップページ | 博多駅の麺通り »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31